横溝正史探偵小説選Ⅴ/横溝正史/論創社

ちょっと一般人に勧めるにはあまりにもマニアックにすぎる作品集。まぁそういう数ある横溝作品の中でも いまだに日の目を見ていなかった作品を発掘して載せているのだから必然といえる。

冒頭作「探偵小僧」は圧倒的なスピーディさで事件が次から次へと起こる三津木俊助と御子柴進もので、びゃくろう仮面との対決となっている。
本書にも収録されているように、この展開の速さを自然に受け入れられるのが挿絵であり、実に効果的だ。その効果をこうして単行本に持ち込めたことは大きな成果と言える。

「仮面の怪賊」、「王冠のゆくえ」、「十二時前後」、そしてこれがまた異色すぎてビックリすることも忘れてしまう「博愛の天使 ナイチンゲール」 雑誌連載版「不死蝶」、未完作品集として「女怪」、「猫眼石の秘密」、「神の矢」、「失はれた影」。
未完作品の中では惜しまれるのが「神の矢」だ。あああ、由利先生を観たかったというミーハーな理由ではあるが。

あぶない叔父さん/麻耶雄嵩/新潮社

まさにタイトルどおり、やばすぎる叔父さんなのが、もはや笑うところ。トリックもバカバカしいものが目立つ。危ないまでのシュールなお笑い探偵小説と言える。

短編集であり収録作は以下の通り
・失くした御守
・転校生と放火魔
・最後の海
・旧友
・あかずの扉
・藁をも掴む

主人公は高校生の優斗なのだが、この主人公も相当やばい。エゴイストというよりは優柔不断、行動力があるのかないのかわからんが、二股やろーなのだ。彼女ともどうみても相性悪そうなのに付き合ってるという。しかも他人にはあまりが関心がないのに、何でも屋の叔父さんだけには絶大な信頼を持っているという。

帯には探偵のいない本格ミステリとあるが、金田一耕助をディスったかのような叔父さんこそが探偵役とも言える。
ただトラブルメーカー、いやその言葉では収まらないヤバさなのだが、とにかく叔父さんに悪意がないことは「最後の海」、そして「藁をも掴む」を読めばわかるだろうが、まさにうっかりもので天然だから余計に危ない叔父さんなのだ。

正直、この手の短編集でよくあるように最後にどんでん返しやら、天罰やらが世界がひっくり返るようなことがあるのかなとも思っていたので、なんだこれは? と逆に思ってしまったのが、読後直後、それから叔父さんの真意を探りたくもなって奥深いかと思ったら実はそうでもなさそうだ。叔父さんの行動原理が既にユーモアを超えているのだ。それは主人公も同様なのだが。

主人公の運命は最後の「藁をも掴む」があからさまに暗示しているのかもしれない。

奇談蒐集家/太田忠司/創元推理文庫

自分自身が体験した奇談を話してくれる客人を募集している不思議な新聞広告。高額報酬ありだが審査あり。
その奇談を募集しているのは恵美酒というちょびひげ紳士と氷坂なる助手なのだが。

現実のものとも思えない不思議な話を、現実の生々しい事件に昇華させるところが見事。

収録作は
「自分の影に刺された男」(子供時分から自分の影に怯える男が語った影に襲われた話)
「古道具屋の姫君」(鏡に映った幽霊とのロマンス)
「不器用な魔術師」(不器用なまでの壮大な魔術)
「水色の魔人」(生々しい怪人)
「冬薔薇の館」(幻想のままに)
「金眼銀眼邪眼」()
「すべては奇談のために」(物語の掉尾に相応しく)

圧倒的に順番の配置が絶妙で、普通に順番に読んで行くのが一番良い。どれもミステリとしてはライトな部類なのだが、奇談として語られるだけに味が相当濃くなっている。それに冬薔薇の館などは怪奇の味が絶妙だ。だんだん物語に引き込まれていくのは請け合いだ。

二川家殺人事件/甲賀三郎/サイレン社

昭和11年、1936年刊行のサイレン社の「二川家殺人事件」

二川家殺人事件

読み終わりました。
収録作は
・二川家殺人事件
・予告の殺人
・月光魔曲
・暗黒街の紳士
・歪む心
・アラディンのランプ
・幸運の魔像
・将棋の神秘

注目に値するのは「歪む心」。

表面上は日記を書いて気が狂ってしまった山上の歪んだ心ということなのしょうが、写真の類似という点をわざわざ持ってきたところに何かの錯誤が隠されている様にも思えます。
そもそも単純に捉えても当時の米国、そして禁酒法が大きく話に絡んでくるところが興味深い点でもあります。

「二川家」や「月虹魔曲」のようにあからさまではありませんが、この「歪む心」。何が歪んでいるのか考えているみるのも一興と言えそうです。

キングを探せ/法月綸太郎/講談社文庫

まずこんなにオーソドックスで実に読ませる本格探偵小説が読めて幸福感に浸れることも珍しい。

トランプで役割を決める4重交換殺人の話し合いからはじまる本編。
まずは主人公となるのは交換殺人者たちだ。
続いてお馴染みの法月父子が出てくるという流れ。

まず感情移入できるのは、殺人者の夢の島。皮肉なことに彼らは生き生きと描かれ、「まず」では済まないものを作品に与えてくれた。感情移入できるように作者に作られたのも頷けるし、それほど緻密なのだ。

結局4重交換殺人はある罠から露見してしまい、トランプの役割を持った殺人者達は追い詰められていく。
さて法月綸太郎の推理はどのように冴え渡り、殺人者の欺瞞を見破っただろうか。

アクシデントも含めて、犯人と探偵のスリリングな頭脳戦。ロジックに寸分の隙も見当たらない美しい芸術作品の様相。この本を読み終えた時はあまりの美事な探偵小説とばかりに、酔いしれてしまっていることだろう。

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード