スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小酒井不木探偵小説選/小酒井不木/論創社

少年科学探偵の塚原俊夫くんシリーズを集成した一冊だ。
不木のイメージとは程遠い本格探偵小説志向の作品群であり、少年ものとは思えないクオリティとなっている。

それというのもあまりにも名探偵の塚原俊夫くんなのだが、科学探偵というだけに、紫外線で真偽を見極めたり、埃から証拠を得たり、倒叙探偵小説的な作品もあったり、トリックを交えつつも論理的な展開がとても少年ものとは思えない出来栄えなのだ。

その俊夫くんを筆頭に、ワトスン役の柔道家の兄さんと警視庁の刑事たるPのおじさんの3人がレギュラーとなっている。
現在もやっている名探偵コナン的に少年が探偵をし、刑事が協力を乞う展開はなかなか面白い。
もっとも俊夫くんに少年らしさをほとんど感じることはないわけだが、それでも大人では絶対に有り得ないというワトスン役との関係性もまた良いのだ。

葛山二郎探偵小説選/論創社

名作「赤いペンキを買った女」「影に聴く瞳」「霧の夜道」「骨」など葛山二郎が世に出した全ての作品を集成した1冊。
大正十二年に『新趣味』で「噂と真相」で懸賞デビュー後、昭和二年に改めて『新青年』から「股から覗く」で再デビューを果たしている。
本書はほぼ昭和初期の作品を中心に戦後の数作まで収録したラインナップとなっている。シリーズキャラクターは半分以上の作品に登場する花堂弁護士。

個人的にもっとも気に入った作品を一つあげるとすれば「染められた男」だろうか。
赤いペンキや霧の夜道と類似した著者の得意の展開を見せる。法廷探偵小説の様相を取っており、花堂弁護士の活躍のホームグラウンドではあるが、解題でも触れられているとおり、弁護士が弁護の仕事をしないどころか逆にという展開はさすがにおかしいと突っ込まざるを得ないだろう。

戦前作品は、「新青年 復刻版」にて、在学中にほぼ全て読んだことがある作品だった。ゆえにこのブログにも各編の感想記事は多く残っている。

逆に「花堂氏の再起」「雨雲」「赤鬼」「後家横丁の事件」というわずか四編のみになる戦後作品は全て初読だった。

「花堂氏の再起」は戦後内地に戻ってきた花堂氏の再起話で、いつの間に北枕になっている謎がユーモラスではあるが、神経衰弱とが合いまった戦後直後という時代に翻弄された精神状況も伝わってくる作品。わかりやすい結末が珍しくもある。

「雨雲」は農村で起きた毒を使った連続殺人事件が発生。邪推仕合を花堂弁護士が最後に登場して名探偵然と事件の真相を解き明かす。タイトルの付け方がシンプルisベスト


金田一耕助、パノラマ島へ行く/芦辺拓/角川文庫

表題作と「明智小五郎、獄門島へ行く」の二つの中編を収録した作品集。安心して楽しんで読める芦辺拓版の明智小五郎と金田一耕助ものだ。

パノラマ島は言わずとしれた「パノラマ島奇談」であり、その後日談のような体となっており、パノラマ島の行く末が楽しくも、物悲しくも、あの作品について考えさせられもする。

明智ファン=金田一ファンでは決してないので、片方しか知らない人への配慮なのだろう。一応超有名な両作ともネタバレはしない工夫を取られているのも細かい。ただこれら作品は読んでいないと何が面白いのかわからないとは思うが。

当然なのかもしれないが、表題作の方が初期の乱歩ファンとしては楽しめると思われる。とはいえ、明智夫妻と小林少年ファンに特化しているなら後者の方が楽しめるだろう。

まほろ市の殺人/祥伝社文庫

倉知淳、我孫子武丸、麻耶雄嵩、有栖川有栖が、春夏秋冬に同じまほろ市を舞台にした中編を書いた作品集。

倉知淳は春「無節操な殺人」、マンションのベランダから突き落とした筈の見知らぬ他人は消え去っていた。
という怪奇事件、そしてバラバラ殺人事件。凄惨な事件とは裏腹に何ともライトな雰囲気で進むある意味ホラーな作品だ。まぁ軽い

我孫子武丸は夏「夏に散る花」 処女作のみ一応書店に並んだ程度の作家に届いたファンレターがもたらした幸せと崩壊。
我孫子らしいほのぼのとダークの同居。奇妙なことだが、読後感は意外にも悪くない。

麻耶雄嵩の秋「闇雲A子と憂鬱刑事」 前2作は同じまほろ市内の事件という感覚でいられたが、この作品だけはぶっ飛びすぎていて、 感想に困る。摩耶作品の中では上位に位置しそうなくらいにやりたい放題。
真幌キラーなる殺人鬼を巡る事件に次ぐ事件。闇雲A子も無茶苦茶なら憂鬱刑事も大概だ。そして無茶苦茶な結末に至るまで。

有栖川有栖は冬「蜃気楼に手を振る」。兄弟姉妹という点で何となく我孫子作品と双璧を為している。世界線も摩耶以外は近しい世界と 認識可能だ。過失の殺人で兄を殺してしまった弟の物語。ご都合主義的なところもあるが、視野の広がり方はみごと。

星籠の海/島田荘司/講談社文庫

1993年舞台の割には世紀末くらいを彷彿させてしまう携帯電話が出てきたり、唐突な原発批判だとかナンセンスな挿入文には少しの違和感。

ともあれ、同じ島に死体が多数流れてくるという導入部は素晴らしく、そこから瀬戸内海を、福山を、駆ける御手洗潔と石岡和己のコンビは 読んでいて楽しい物がある。
瀬戸内海を巡る話で、村上水軍、そして阿部正弘の再評価に繋がるところも歴史好きとしても楽しい。フィクションの星籠の謎も想像が付くのが推理小説的謎の提示であり、 その謎に辿り着くまでのロマンも良い。

なにやらどうなったことやらと気になることが多すぎて風呂敷をたたみ着れてないのが気になるが、全体としてはロマンを感じる作品に仕上がっていると思う。

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。