狂女と犬/小酒井不木

狂女と犬/小酒井不木

小酒井不木、「大衆文芸」大正15年7月号発表の短篇。
これも怪談に属する話である。旅で迷い込んだ寺で聞いた恐るべき復讐譚。癩の父親を持ち村人に差別を受けるという過酷な運命の為に狂ってしまった女は、更には村に現れた五人の悪漢にも苦しめられてしまう。だが、最終的には彼女の忠実な犬の白とともに、村の救い主となったのである。何という白の偉さか、無抵抗主義の習慣の恐るべきさ、復讐の念の怪奇はこの作品でも全面である。
なお現在、残念ながら気軽に読める本はない。(数年前はちくま文庫「小酒井不木集」で読めたが品切れになってしまった)。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード