猫と村正/小酒井不木

猫と村正/小酒井不木

小酒井不木、「週刊朝日」大正15年7月に発表の短篇。
まさに恐怖恐怖の祟りの怪談である。母危篤で、魔の列車と呼ばれる列車に乗り込む事になった主人公は、魔の列車盗難事件の関連などから、片目片足の男から、そうなるに至った魔の話を聞かされる事になるのだ。これも夫婦間復讐の呪いであり、女の復讐の念は三毛猫に乗り移ったかの如く暗躍するのである。祟りはやはり現実にあるのか!? 後妻の猫目の秘密とは!? 
なお現在、残念ながら気軽に読める本はない。(数年前はちくま文庫「小酒井不木集」で読めたが品切れになってしまった)。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード