スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死の接吻/小酒井不木

死の接吻/小酒井不木

小酒井不木、「大衆文芸」大正15年5月号に発表の短篇。
何という皮肉で凝り固まった作品である事か。そこがまた恐るべき面白さではないか。未曾有の異常な暑さに東京市は襲われていた。しかもコレラも大流行なのだ。そのような状況下で、恋を知らぬ主人公は人妻に恋を感じてしまうのだ。それがまた迷惑的な思考回路で結果的に完全犯罪を成立させてしまう。ああっ、死の接吻の恐ろしさよ。復讐への覚悟よ。
なお現在、国書「人工心臓」で読める(数年前はちくま文庫「小酒井不木集」でも読めたが品切れになってしまった)。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。