スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メヂューサの首/小酒井不木

メヂューサの首/小酒井不木

小酒井不木、「大衆文芸」大正15年10月号に発表の短篇。
女の身体に落書きをすると、思わぬ悲劇が舞い降りかねない。ナルシストの自己愛の女は医院をメヂューサの首を妊娠したと、訪ねてきた。その実は不治とされた肝臓硬変なのだが、その姿は俗称も示すとおりメヂューサの首。蛇がウネウネしているようなのだ。しかし女はそれは例えでなく事実だと思いこんでいるのだ。この妄念の強さ。愛する自己がおぞましいメヂューサの首に乗っ取られると恐怖する。
なお現在、残念ながら気軽に読める本はない。(数年前はちくま文庫「小酒井不木集」で読めたが品切れになってしまった)。
(2002/7/10初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。