古銭鑑賞家の死/葛山二郎

古銭鑑賞家の死/葛山二郎

葛山二郎、「新青年」昭和8年1月号掲載の短篇。
これも花堂弁護士シリーズで、闇のトリック、錯覚の魔術が生きている作品である。崖下に馬ごと落ちて死亡した古銭鑑賞家、それは一時は警察に過失死と決定された。が、その遺族が言うには殺人だというのである。そして珍品中の珍品たる古銭を巡っての疑いを持っている事を花堂氏に吹き込むが…。花堂氏の論理はどちらに向くであろうか!? 
なお現在、国書刊行会「股から覗く」で読む事が可能である。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード