戌神はなにを見たか/講談社ロマンブックス/鮎川哲也

鬼貫・丹那シリーズ。
また「死者を笞打て」と同様のお遊び趣向もあるし、江戸川乱歩関連では名張市周辺の事などが事件で重要な地位を占めていて、面白い。(個人的には2000年当時の住所の隣の番地が出てくるなども驚きであった。)
で、本格推理の面白さだが、このアリバイ崩しが崩しがいのあるもので、非常に楽しめるものだ。まさに絶賛クラスと言える。
(2000年12月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード