染められた男/葛山二郎

染められた男/葛山二郎

葛山二郎、「新青年」昭和7年10月号掲載の短篇。
法廷探偵小説で、花堂弁護士の論理が冴え渡る。もっとも花堂氏は弁護人としてやってはならない事を犯してしまっているが…。
タクシー運転手は怪我を負いつつも、銃声を聞いて、そして殺害事件を悟った。被害者の夫の被告、昼寝のアリバイはあるも、決定的目撃者はおらず、見られていたのは靴のみ。そこで染められた男、染められた証拠なのだ。
犯罪の奇計が面白い本篇、なお現在、国書刊行会「股から覗く」で読む事が可能である。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード