女と群衆/葛山二郎

女と群衆/葛山二郎

「探偵クラブ」昭和7年12月号掲載された、葛山二郎の探偵コント。掌編である。
財布を盗まれたと飛び込んできた女、しかし男は盗んでいないと言い張った上に、女を娼婦の如く決めつけ罪を逃れようとする。しかも、女の主張通り派出所で身体検査をするも、女の財布は出てこないのである。更にそれを見た群衆が男の味方をし出してしまう。立場の弱さと群衆心理の愚心ぶりを衝いたそれなりのツボを突いた作品と言えるだろう。
なお、現在光文社文庫「『探偵クラブ』傑作選」で読む事が出来る。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード