スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘/勝伸枝

嘘/勝伸枝

勝伸枝、「新青年」昭和6年7月号発表の短篇。
その人が言うと、ちょっとした嘘がいつの間にか真実に変貌する。誰もがそれを信じてしまう。それは一種の催眠術であったのだろうか。ほんの噂程度の物ならもちろん、明らかに目で捉えてる物すらも嘘の内容が唯一の真実にすり替わるのだ。何という奇怪。これをその人が気が付けば、実験したくなるのも仕方がないが、狂人事件にまでなってしまうとは。更には悪夢の発展は止まらない…。
なお現在、光文社文庫「新青年傑作選」等で読む事が可能である。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。