スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大百貨注文者/大阪圭吉

大百貨注文者/大阪圭吉

「新青年」昭和13年臨時増刊に発表。
大阪圭吉の短篇で本格風ユーモアと言うべきか。大月対次シリーズで暗号を解き抜き差しならぬ状況を脱却させる事が出来た。さて、事件は大月を含む7人の注文者が集う所から始まるのだが、それが謎の集合なのである。待たした挙げ句に帰宅の主人も存ぜぬことらしいし、主人側からすれば大事件でそれどころではなかったのだ。しかし大月対次弁護士が大百貨注文者の意図を見破りめでたしめでたし、と相成ったのである。
なお、現在、創元推理文庫「銀座幽霊」等で読める。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。