スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燈台鬼/大阪圭吉

燈台鬼/大阪圭吉

大阪圭吉の本格短篇で、「新青年」昭和10年12月号発表。
燈台に赤いグニャグニャした妖怪幽霊が現れ人を殺害するという奇々怪々過ぎる訳のわからない事件。しかも怪物らしき証拠もあるのだ。この悪夢のような事件に秩序を取り戻すのが探偵役の東屋三郎。とりあえず驚異の物理的トリックまでは見破るが……、果たして怪物の正体は、燈台鬼とは、どれほど切実な陰の先に存在したものだったか。その驚くまでの真相は!? 
なお、現在、創元推理文庫「銀座幽霊」等で読む事が出来る。
(2002/6/4初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。