闖入者/大阪圭吉

闖入者/大阪圭吉

大阪圭吉が「ぷろふいる」昭和11年1月号発表した本格短篇。
写生していた男が殺されているのが発見されるところから始まる。ところがその富士山の写生を巡って事件はいよいよ紛糾するのである。南室からしか見えるはずがない富士山の写生を、東室で殺された男が土産に残していたのである。しかも家にいた容疑者達の証言で南室には他の人が占拠していたのだ。この謎に満ちた事件を大月対次弁護士が解決する。全てを説明する闖入者は意外な所から姿を現したのである。
なお、現在、創元推理文庫「銀座幽霊」等で読める。
(2002/8/5初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード