恐しき時計店/大阪圭吉

恐しき時計店/大阪圭吉

大阪圭吉が「キング」昭和15年7月号に発表した物。スパイ小説。
主人公は従妹のミドリに頼みがあるからと呼ばれて行ってみるとそこから驚くべき話が出てきたのである。ミドリが勤める外国人時計店ボンスン商会に秘められた秘密とは? そしてボンスン氏が固持する前面の時計の整理処理。善良そうに見えても恐るべき策動はどこから湧いてるかわからないのである。ミドリの機転は大いに時計の秘密を逆手に利用し、主人公は新職を紹介する必要に迫られたのだった。
なお、現在、読める本は存在しないようだ。
(2002/11/11初稿[妖鳥の涙])

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード