FC2ブログ

人狼城の恐怖 第二部―フランス編/講談社文庫/二階堂黎人

怪奇サスペンスは些かドイツ編の方が上のような気がするが、その分SF度、推理度はこちらが随分上だ。ナチスの人狼の恐怖の実際は如何に!? それとドイツ編の不可解な謎への繋がりは感じるが、迷える子羊の私は蘭子の登場を待つしかなさそうだ。
(2001年7月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード