陰獣/江戸川乱歩

陰獣/江戸川乱歩

江戸川乱歩、「新青年」昭和3年8増,9,10月号分載の中篇。
ひょんな事から知り合いになった小山田静子という人妻から奇妙な相談を受けた。それは静子に元恋人であり、探偵作家の平田一郎=大江春泥から復讐予告の手紙がたびたび来るというものだった。はたしてその復讐の内容とは如何なるものだったか…。そしてそこから発展してくる恐るべき犯罪とは!? それまでの乱歩怪奇幻想作品の雰囲気を惜しげもなくちりばめた贅沢な作品で初期乱歩の総決算的傑作だ。
なお現在、創元推理文庫「日本探偵小説全集2・江戸川乱歩集」等で読める。
(2002/4/29初稿[妖鳥の涙])


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード