省線電車の射撃手/海野十三

省線電車の射撃手/海野十三

海野十三、「新青年」昭和6年10月増刊に載った本格探偵小説。
帆村荘六物である。
暑い夏、電車の窓も全て開け放たれていた時に起こった連続殺人射撃事件。その殺された若い女達は髑髏の縫いを持っており、しかも射撃は完璧に心臓を目指しているのだ。この奇々怪々な状況。容疑者達は多く出て来るが、果たして!? 科学的要素も多く出て来る本事件、意表を衝く結末を展開するのだが、帆村探偵の論理が言い得た犯人とは。
なお現在気楽に読める本がないことは残念な限りだ。(かつては鮎川哲也編の徳間文庫のアンソロジー「シグナルが消えた」等で読めた。なお青空文庫にはラインナップ有り)
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード