スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲々死なぬ彼奴/海野十三

仲々死なぬ彼奴/海野十三

海野十三、「探偵」昭和6年7月号発表短篇。
政界や財界に圧倒的な力を持つ大金持ちの爺さんは、純粋清廉な意味で眼を付けている余所の男がいた。それが主人公であり、遺産は本人の堕落を防止するためにも残さぬ事もわかっていた。しかし本当の親戚は悲惨なまでに財産目当て。そんななか、爺さんが突如として死んだのである。そして主人公は乃木大将を模倣しようかと企てるが、その作戦の計画的失敗が、大波乱を呼んだのだ。
滅茶苦茶な展開で意味不明なのが苦しいところ。
なお現在は光文社『 「探偵」傑作選(幻の探偵雑誌9) 』で読む事が出来る。
(2003/9/25初稿[妖鳥の涙])
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。