スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えざる敵/海野十三

見えざる敵/海野十三

海野十三、「新青年」昭和12年10月号発表の短篇科學小説。
丘丘十郎名義で発表された楊博士シリーズだ。
新聞社社長のウルランド氏は暴挙に出るなど、楊博士を敵に回してしまったがためにとんでもない復讐にあってしまうという悲惨。
消身法の機械、この偉力は今から見れば何でもないからくりなのだが、ウルランド氏は恥を一身に背負うことになってしまったのだ。これはいくら何でもあまりに気の毒すぎる悪漢…。
なお、恐らくは、現在気軽に読める本は無いのではないかと思われる。(青空文庫にリストアップされていることが大きな救いと言えよう)
(2002/6/20初稿・妖鳥の涙)


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。