階段/海野十三

階段/海野十三

海野十三、「新青年」昭和5年10月号に発表の怪奇短篇。
変態性欲物と探偵物が絡み合った一篇。省線電車の駅の階段で統計を取る事になったことが、主人公の嗜好を開花自覚させるに至った一事件だったのだろう。それ以降「彼奴」が乗り移り主人公に人生を変貌させてしまったのだ。その後に図書館に勤務するも、そこで起きた所長殺害事件。容疑者になりそうな多数人だったが、さて…。ああ、跫音曲線の指し示した物は何だったか!? 
なおちくま文庫「海野十三集」で読む事が可能だったが、品切れとなっているようだ。青空文庫で読むことは可能なのが救いか。
(2002/11/28初稿)


関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード