吸血の家/講談社文庫/二階堂黎人

過去現在の足跡のない2次元の密室殺人を主体としつつも、家屋の密室殺人もあり不可能犯罪のオンパレード。更に怪異性も申し分もなく、ラストまで目の離せない展開であった。二階堂蘭子活躍の名探偵もの。相変わらずの各種トリック講義や詳しい注釈入りである。難点はやや先人のネタばれと危惧される点がいくつか見られたことだろうか。まぁ、それも未読なら特に気にせず読み進めるようなセリフだとは思うが。
(2000年6月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

Re: No title

> トラックバックさせていただきました。
> トラックバックお待ちしていますね。
申し訳ありませんが、記事中に言及のないトラックバックはマナー違反と決めています。
よって、大変失礼ながらも、削除措置を取らせていただきました。

執筆するブログ記事で、他のブログ記事を言及した場合のみトラックバックをするのが良いかと思います。(トラックバックの返事をするためだけに、古い記事の再アップを要求するのは順序がアベコベかと)
最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード