スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「隼太の花瓶」/森下雨村

「隼太の花瓶」/森下雨村/14ページ

ペテン小説と思いきや、魂の小説だったという代物。
隼太とは有名な窒技の巨匠であったが、その命より大事な花瓶をめぐるドイツ人と日本人の話。その例えXXでも魂そのものであるかも知れないと言う教訓も含んでいるのだろうか? 売らねばならぬ。しかし妻の次ぎには大事だったのだ。

掲載誌:新青年 昭和十一年四月特大号
(2001/11/21読了)

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。