「情鬼」/大下宇陀児

「情鬼」/大下宇陀児/28ページ

全く大したことない。
赤色恐怖症の主人公だが、その効果も全然表れているとは思えぬ。女に裏切られその精神病のせいで、世間にも見捨てられた男は怪盗に成り下がりつつも表の顔も得ていたのだが・・・・・・、そんなとき自殺志願の女を救って運命は転がるかと思われたが、それも結局、この男にとってのみは悲劇への道しるべにしかならなかったのだ。

掲載誌:新青年 昭和十年四月増大号
(2001/11/7読了)

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード