ロシア幽霊軍艦事件/講談社ノベルス/島田荘司

戦前、芦ノ湖(神奈川県箱根町)に突如出現して、一夜限りで消えてしまったというロシア軍艦の謎に迫る御手洗潔シリーズ。

いわゆるロマノフ王朝の秘密もので、アナスタシアであると主張した史実の人物(アナ・アンダーソン)の話とも絡まり、フィクションとノンフィクションの狭間で歴史大河を作り上げている。悲劇性や恋愛要素も絡まり小説としてはまぁ面白い出来であるし感動も出来るだろう。

が、小説以上を求めるとなると、脳についてのこと以外には、ほとんどフィクション部で担っている手前が少々難点であろう。他、歴史を描くのに際していくつか間違いも見受けられるのも気になった。
(2004年2月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード