スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「義眼」/大下宇陀児

「義眼」/大下宇陀児/20ページ

どうも面白くとも何ともない。
これも文中のルビから見て「いれめ」と呼ぶようだが、渡辺啓助のあの作品に比すべくもない愚作である。
低能の少女を主人公にする作者らしい趣向だが、義眼の男と女の二人連れに関わったばかりに悲劇が待っていたという物。しかし女の子も目的は達成していたのがせめてもの救いと言う所だろうか。

掲載誌:新青年 昭和九年九月号
(2001/10/31読了)

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。