眩暈/講談社文庫/島田荘司

御手洗潔シリーズ。
「水晶のピラミッド」の社会性の一部をクローズアップした本格。抽象が具体的論理に飛躍し、そして更なる跳躍を果たす。しかし私的には今一つなんかしっくりこないものが残ったような気がする。
(2001年3月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード