「骨」/葛山二郎

「骨」/葛山二郎/18ページ

冒頭で「モルグ街」「黄色い部屋」を非難し、自ら密室殺人に挑んでいる花堂弁護士シリーズもの。しかしその心意気の割にはそれほどのものにも思われない。しかしトリックの奇想は面白いし錯覚トリックもよい。事件は密室状態の家での大殺戮でスタートする。

掲載誌:新青年 昭和六年新春特大号(第十六号)
(2001/7/9読了)

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード