スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ペリカン後日譚(ものがたり)」/橋本五郎

「ペリカン後日譚(ものがたり)」/橋本五郎/25ページ

これはアンチ本格ものの秀作である。
名探偵・・・、確かに推理は作り物臭かったが、それも伏線だったとは、驚くばかりである。まさに真のユーモア探偵譚だといえるだろう。
さて、その名探偵、犬の元の飼い主を言い当てたり、区にとって大事な龍眼を瞬く間に探し出したりして、名探偵の名を欲しいままにするに至ったのであるが、誘拐事件を依頼されるに及んで、ほとほと困り果ててしまったのである。しかし名探偵の眼力は伊達ではなかったのだ。ユーモア爆発。
掲載誌:新青年 昭和四年四月増大号(第五号)=一冊壱円
(2001/6/14読了)

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。