スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女を捜せ(シエルシエ・ラ・フアンム)」/甲賀三郎

「女を捜せ(シエルシエ・ラ・フアンム)」/甲賀三郎/43ページ

犯罪を探し求める男の物語。
犯罪のある所に女あり、という法則のようなものを逆説的に解釈し、彼は女を捜して、求める犯罪にぶつかる、という奇人である。その彼は主人公の友人。
感想としては、本格としての材料提出など面白い面も多々あるが、どうも頂けない部分が多い気がする。そもそも題名の暗示が全然重要視されていないのである。
それに中編という長さの割にどうも結末も大したことのないあっけない感じもある、それに過去の事件の探索と言うせいでもないだろうが、何か探偵小説的魅力を欠いてるような気がする。もちろん怪奇味がないとは言わないし、謎もなかなかクロスしていて面白いのだが。
掲載誌:新青年 昭和四年新春増大号(第一号)
(2001/6/12読了)

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。