木製の王子/講談社ノベルス/麻耶雄嵩

作品の時系列的には『夏と冬の奏鳴曲』『痾』『翼ある闇』の続編にあたる。
不可能犯罪を含む壮絶なストーリーと名探偵による相変わらずの超論理から導き出される驚異的真相は素晴らしいが、終わりがあまりにもサッパリしすぎてるのでは?と思われる。
今までの銘探偵メルカトル鮎のインパクトがあまりにも強すぎたのが災いしてるのかもしれないが、ちょっと物足りなさも感じた。
さて、著者の今後のシリーズの動向も気になるところである。
なお、この作はやはり上記の3作、特に『夏冬』『痾』は事前に読んでおいた方が望ましいであろう。
(2000年8月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード