スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「決闘街」/大下宇陀児

「決闘街」/大下宇陀児/18ページ

今まで読んだ宇陀児の中では、最高峰に位置する傑作だ。
心理的小説とでも言えば良いのだろうか。圧倒的な威圧感なのである。
雪山で三人のスキーヤーの決闘。その後の二人の心理。そして再び銀座街の三人。ともかくもこれほど引き込まれるものはそうはあるまいと思われるほどの傑作なのである。
掲載誌:新青年 昭和三年第五号(四月増大号)=一冊八十銭
(2001/5/24読了)

関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。