「あ・てる・てえる・ふいるむ」/江戸川乱歩

「あ・てる・てえる・ふいるむ」/江戸川乱歩/17ページ

"A Tell Tale Film"である。横溝正史の代作であるというのは言うまでもない話だろう。
乱歩らしいと思える点もあると言えなくもない。事実、瀬下耽は次号のマイクロフォンで、(乱歩らしい味が出て)ピカ一という評価を与え、とどのつまり騙されているくらいだ。銀幕の秘密にも面白味があるが、最たる興味は、事件の根元にもなる一言にあると思う。
掲載誌:新青年 昭和三年第一号(新年号)=一冊壱円
(2001/5/21読了)


ちなみに愉快なので、掲載誌に書いてあった横溝正史の「編輯局より」の記事(「横溝生」署名)も一部引用させていただく。以下の斜体部だ。

◆本號は本年度最初の號ではあり、最初の増大號でもあるので總てに於て随分力を注いだものであるが、わけても創作欄には十二分の意を用ひたつもりである。ずらりと並んだ十一人の顔触れから先づ見て下さい。先づ第一に江戸川乱歩氏は八ヶ月ぶりの御執筆である。これ一つ以つてしても、この増大號は充分増大號の意義を持ち得ると信じる。暫く筆から遠ざかつてゐたこの偉大な作家が、これを機會に再び探偵文壇に馬を進めれば本誌ばかりではない、一般讀書界の欣び、これに増すものはあるまいと信ずる。

もうお解りと思うが、この記事はペテンもいいところである。恐るべき横溝正史ではないか。
代作でもって、増大号の意義があるとまで言い切ってしまうとは、ここまで来ると尊敬すべきペテン編集と言えるだろう。
とは言え、まだ好意的に見ると、この編輯後記の記事が出来上がった後に、乱歩が「押絵と旅する男」の原型の原稿を破り捨てたあげくに便所に流してしまう事件が起こったかもしれないわけで、横溝のためにも、そう考えておこうではないか。
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード