時計館の殺人(講談社文庫/綾辻行人)

十角館の登場人物が再登場するのが本作。時計館での連続殺人の驚くべき殺人。トリックと犯人は何となくは簡単に読めるが、近いようで根本的に間違えていると、正解には辿り着けない。霊媒師及びある出版社とオカルト専門のミステリー研究会の面々が時計館で直面した殺人事件、島田潔こと、鹿谷門実は如何に真相を見抜いたか!?
(2002年6月読了)
なお綾辻は京都市生まれ。
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード