FC2ブログ

「第一義」/山下利三郎

「第一義」/山下利三郎/18ページ

ある第一義を信とする教師がいたのだが、期せずしてそれに裏切られてしまった。その男の混迷極める不思議な脳内世界での話が主体になっている。ご都合主義的感が強いのが最大の欠点であろう。

掲載誌:新青年 大正十五年第九号()=一冊六十銭
(2001/1/13読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード