「金口の卷煙草」/大下宇陀兒/19ページ

(新青年 大正十四年第五号(四月号)=一冊五十銭)

「金口の卷煙草」/大下宇陀兒/19ページ

これまた好人物の主人公の裏目を付いた話。とりたて大したこともなく予想通りの結末であった。とはいえ、当時の社会性、及び後世の高木彬光でお馴染みの一高の学生の話であったのでその辺興味深くはあった。

(2000/11/21読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード