FC2ブログ

「カナリヤの秘密」/甲賀三郎/28ページ

(新青年 大正十二年第十三號(十一号號)〔帝都復興号〕=一冊五十銭)

「カナリヤの秘密」/甲賀三郎/28ページ

二人の類似した毒瓦斯中毒事件を扱ったなかなかの秀作である。

カナリヤという謎の最期の言葉から名探偵の橋本が事件の謎を解明する。なお、この作品にも良く出る科学知識、前號第十二號(大震災記念號)に本名の工學士 春田能爲名義で「探偵小説と化學」という評論を書いている。これが甲賀三郎の新青年初登場であろう。

(2000/11/13読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード