FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三色の家 扶桑社文庫 陳舜臣

長篇「三色の家」「弓の部屋」、ジュブナイル短篇「心で見た」を収録。
「三色の家」は陶展文シリーズで、若き日の戦前神戸を舞台にしている。哀愁を感じる作品であり、トリックも少し面白い。
「弓の部屋」はトリックは危険極まるもので今一つだが、意外な犯人に加え、話自体はほのぼのとしていて楽しめる。
「心で見た」はジュブナイルとは思えぬ位本格論理を見せつけて面白い。
(2003年2月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。