悪霊の群 出版芸術社 山田風太郎&高木彬光

山田風太郎と高木彬光のご両人による合作という珍しい探偵小説。
スリラー風で、中盤飽きてもくるが、所がどっこい、最終版の荊木歓喜の推理、そして颯爽と意外過ぎるところから登場した神津恭介の推理の前に平伏するしかないのである。
意外な解決と気に入らない点を快刀乱麻に片づけてしまったのだ。眼球刳り抜き事件から始まった本復讐劇の見せる意外な展開は驚くしかないと同時に読む者を喜ばせざるを得ないのである。
(2002年10月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード