ガダラの豚【I】 集英社文庫 中島らも

日本推理作家協会賞受賞作品だそうです。
ただこの巻では推理らしくはありませんでした。しかしその面白さといったら、全身全体で心臓のバクバクで感じる面白さというべきものを久々に感じたほどでした。
奇術あり、新興宗教あり、格闘ありと目にも留まらぬ展開力、はやく次が読みたくて仕方がなくなるのです。実はこれを書いてる時点で・・・。
(2000年10月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード