江戸川乱歩と少年探偵団  河出書房新社 堀江あき子編

少年探偵団シリーズの挿絵やグッズなどの写真が面白い上に、幻の「悪魔ヶ岩」の原稿写真は興味深い以上のものと言えよう。ただ、些か中途半端な感もあり、物足りない点も感じられる。もっともこの点は、現在やっている弥生美術館に行けば解消されるのであろうが(^^;
(2002年11月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード