猫のミステリー傑作選 河出文庫 赤川次郎など 鮎川哲也編

都筑道夫「檸檬色の猫がのぞいた」、川島郁夫「乳房に猫はなぜ眠る」、津井つい「猫に卵」、南部樹未子「愛の記憶」、赤川次郎「三毛猫ホームズの幽霊退治」、角田喜久雄「猫」、土岐雄三「猫じゃ猫じゃ事件」、岡沢孝雄「猫の手紙」、新田次郎「猫つきの店」、藤枝ちえ「猫騒動」、日影丈吉「『風邪ひき猫』事件」を収録。特に印象に強かったのはショートショートの怪作「猫に卵」、「屋根裏の散歩者」も引用したプロバビリティながら論理性に欠く、その滑稽でいて恐ろしい「猫の手紙」と言った所だろう。
(2003年7月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード