乱歩の幻影 ちくま文庫 高木彬光など十人 日下三蔵(編)

乱歩趣味を満たしてくれる話のオンパレードだった。特に高木彬光と島田荘司の話は面白いようだった。
ただ、蘭光生のポルノ小説には辟易した。
全作者は次の通り、高木彬光、山田風太郎、角田喜久雄、竹本建治、中井英夫、蘭光生、服部正、芦辺拓、島田荘司、中島河太郎。読んだことがない人、というより知らない人も結構いたので、そのうち読んでみたい顔ぶれとなった。
(1999年12月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード