鋼鉄都市 ハヤカワ文庫 アイザック・アシモフ 福島正美・訳

ロボット工学三原則に従ったアシモフロボットシリーズの長篇第一作。

今や鋼鉄都市のシティにどうにかこうにか不安定かつ集団管理主義で生活している地球を舞台にしたSF本格ミステリである。
その昔に地球から移民し、そして地球の支配から抜け出し独自の道を歩んでいた宇宙人は、地球に再注目していた。その成果が地球上に設けられた宇宙市であるが、そこは地球人には無縁の場所。普通に行くのは困難であり、外気に触れるという冒険を地球人は恐れていたという状況下、宇宙人が宇宙市で殺害された。犯人は地球側にいるという。この事件に双方に重要な警視総監の後輩の主人公と、宇宙人側のロボット二人が挑む。

SFでありながら、本格的な構成で、探偵犯人ともに意外な犯罪方法に驚くばかりなのである。さすがに傑作で読ませる作品と言えよう。
(2002年8月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜明けのロボット〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

夜明けのロボット〈上〉 (ハヤカワ文庫SF) 「久しぶりにアシモフの本でも読むか」 と、軽く買ってしまったが、 大いにはまってし...

夜明けのロボット〈下〉 (ハヤカワ文庫SF)

夜明けのロボット〈下〉 (ハヤカワ文庫SF) けっこう感動しちゃいました。 前半から、というか全体を通して、理屈っぽい長い会話...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード