火星年代記 /ハヤカワ文庫/レイ・ブラッドベリ/小笠原豊樹

ブラックユーモア的な文明批判が素晴らしかった。また一本の時間的物語を下地に短編をつなぎ合わせて、長編を形作るやり方は初見だったので、驚かされた。
(1999年10月読了)
関連記事

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード