FC2ブログ

点と線/新潮文庫/松本清張

社会派ミステリーの分野を切り開いたという名作であるが、クロフツ的なアリバイトリックに優れた本格とも言えそうな作品であった。
ただ推理にアンフェア的なところも目には付いた。トリックにおいてはダイヤグラムを用いた素晴らしいものだったが、やはりやや関与人が多すぎるかな。しかし前半から後半まで全体的に面白く読むことが出来た。
故郷福岡ではもろに知っている街がメインだったのも好印象かも・・・(^^)
(2000年9月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード