バーネット探偵社/新潮文庫/モーリス・ルブラン/堀口大學

これは痛快だ。こればかりは新訳に独自性を持たせるのは難しいのではないか? 「したたる水滴」「ジョージ王の恋文」「バカラの勝負」「金歯の男」「ベシューの十二枚のアフリカ株券」「偶然が奇跡を作る」「白手袋・・・・・・白ゲートル」「ベシュー、バーネットを逮捕す」。

しかし甲賀派の私は敢えて云おう。全体的には手塚龍太の方が面白い。が、本書のベシューの浮き出た滑稽さは偉大としか言えまい。
(2005年3月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード