蓼喰う虫/新潮文庫/谷崎潤一郎

理解し合えているだけに、離婚への道へ進む夫婦。それは決まり切った道である。なお、妖しい部分もなくその意味フツウの作品。
(2001年8月読了)
関連記事

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード