FC2ブログ

春琴抄/新潮文庫/谷崎潤一郎

まさに愛の物語だった。特に後半部分では、内容を薄々知った上でも驚異を感じた。一種の触覚の究極に近づいたとも言えそうだ。
(2000年4月読了)
関連記事

テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード