アイルランドの薔薇/光文社文庫/石持浅海

日本物じゃないと読む気がしないとも思って敬遠するなかれ。
アイルランドの薔薇は乱歩的な探偵VS怪人という要素も含めた意外性に富んだ本格探偵小説となっており、更にアイルランドという舞台はあの北アイルランド問題に直結している興味深くも分かりやすい内容となっているのだ。
その北アイルランド問題に絡んでいるため、警察を呼ぶことが出来ず、それでも真犯人を見付けないといけないという状況下、作品ならではの特殊な動機付けなど作品としては一級品と言えるだろう。
(2008年4月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード