雲なす証言(創元推理文庫/ドロシー・L・セイヤーズ/浅羽莢子)

ピーター・ウィムジィシリーズの第2長篇。

今回はその実の兄で貴族院議員でもあるデンヴァー公爵が殺人容疑で裁判に付され、しかもその殺人対象が実の妹の婚約者であるという非常事態。妹から兄まで証言は絡み合わず、そこに各種のロマンスが混じりあう複雑模様。
ピーター・ウィムジィ卿は兄妹を救うため尽力するも、待ち受けていたのは何という冒険か。ハラハラさせるばかりだ。
不可能興味やトリックがあるわけではないので、ミステリ興味は期待するだけ無駄であるが、ピーター卿ファンならば読むべきだろう。
(2005年10月読了)
関連記事

テーマ : ネタバレ無し探偵小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログへ

人気ブログランキングへ
スポンサーリンク
プロフィール

アイナット

Author:アイナット
WEBサイト「乱歩の世界」の読書記録ブログ版です。
ネタばれ無しの感想を書きためていきます。

月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
ブログランキング2
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード